FateのCM曲はAimerの「花の唄」!独特な歌声が話題に!

いまCMでも放映されており、

2017年10月に第一章の映画公開が決まった劇場版『Fate/stay night』の

主題歌を担当する歌手のAimer(エメ)さんについて調べてみました!

歌声が独特で、CMの歌声に惹かれてファンになった方も多いでしょう。

今回はAimer(エメ)さんについていろいろと調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

Aimer(エメ)とは?

 

プロフィール

 

生年月日:1990年7月9日

出身地:熊本市

ベーシストだった父の影響もあり、音楽が身近な環境で育つ。

中学の時にアヴリル・ラヴィーンに出会い、

歌やギター、英語の作詞などにも力を入れていた。

15歳の時に歌いすぎにより声帯を痛め、半年間声の出ない生活を送る。

デビューした今も以前の声帯の傷は完治していないが、

完治すると今の声は出せなくなると主治医から宣告され、

今の声質を保っている。

スポンサーリンク

「花の唄」が劇場版『Fate/stay night』の主題歌へ

 

オリコン週間ランキング初登場2位!

Aimerさんが歌う「花の唄」が映画『Fate/stay night』の主題歌になり、

オリコンランキングも自身初となる初登場2位にランクインとなりました!

自身の持つランキング順位、初週売り上げ枚数を更新し、

Aimerさん本人がTwitterを更新し、

「それだけたくさんの方に、この1枚が届いたんだなぁと思うと、素直にとっても嬉しいです。

この一歩から、またもっと、進んでいけたらいいな」

と語っているそうです。

映画やCMの後押しもあるかとは思いますが、

なによりも彼女の声の魅力と独特の世界観が多くの人を惹きつけたと思います。 

 

多くの芸能人を虜にする彼女の歌声

 

Taka(ONE OK ROCK)

2015年、ONE OK ROCKのサポートアクトとして、Aimerが歌を披露する。

ボーカルのTakaが彼女の歌声を認め、絶賛したことから

楽曲提供やライブの出演も実現したそうです。

 

西川貴教(T.M.Revolution)

自身のツイッターで、Aimerの曲についてつぶやいたこともあり、

自らファンだと公言している。

 

野田洋次郎(RADWIMPS)

初めてAimerの歌声を耳にしたときから、”この人のことなんか好きだな”と思ったそう。

超有名アーティストにほんの一瞬で、そう言わせてしまうほどの歌手は

そうそういないと思います。

これがきっかけで、そのあとの楽曲提供にもつながったそうです。

 

知れば知るほど本当に魅力的な方だなと思いますね。

ぜひこれからもたくさんの方にAimerさんの歌声が届くといいなと思います。

スポンサーリンク